ハロウィンのコスプレなどで活躍する赤カラコン

カラコンの定番カラーといえばブラウン、ブラック、グレー、ヘーゼルあたりだと思いますが、コスプレ用の定番カラーのひとつがレッドです。
近年、日本でもハロウィンの仮装イベントが少しずつ根付いてきた感がありますが、そういった仮装・コスプレで赤カラコンが活躍します。
私は普段あまりリアル店舗のカラコン売り場というところにはいかないのですが、リアル店舗でも赤カラコンというのは扱っているものなのでしょうか?
なんとなくリアル店舗だと普段使い用のブラウンなどが充実していて、コスプレ用のカラコンはあまりおいて無さそうなイメージがあります。

今はカラコンもネット通販サイトが充実しているので赤カラコンも通販で買うのがとても便利です。
発色とかも自分で実際に装着してみないとわからないので、その部分に関してはリアル店舗で買っても通販ショップで買っても同じですね。

普段使い用のカラコンと違って赤カラコンを使う人の中には「カラコンを初めて使う」という人も少なくないはずです。
そんな人のために簡単にカラコンについて解説します。
まず度ありと度なしですが、普段メガネをしている人がカラコンを使う場合には当然度ありを買う必要があります。
どの位の度を選べばいいのかについてですが、これは面倒でも一度眼科で診てもらうのが確実です。
もしどうしてもそれが無理なら過矯正にならないように気をつけたほうがいいです。
度の強すぎるレンズでものが見えすぎると、気分が悪くなったりします。
BCというのはベースカーブのことですが、これはあまり選択肢はないので標準的なBCで合わなかった場合にはかなりカラコンの選択の幅が狭くなります。
もちろん、BCだけで付け心地が変わるわけではありませんが・・・
最後に含水率です。
含水率が高いとレンズがぷにゅッとした感触で気持ちいのですが目が乾燥しやすくなります。
ドライアイ気味の人は含水率の低いカラコンを選んでみたほうがいいと思います。

簡単に解説しましたが、カラコン初心者の人には最初に眼科で診てもらうことを強くお勧めします。
「カラコンを使いたいので度数などの検査をお願いしたいのですが」ということを事前に電話で言っておけばスムーズに検査できます。
たいした検査ではないはずなので、すぐに終わると思います。

安全に使ってこそのカラコンですからね。
赤カラコンのおすすめ商品やおすすめ通販サイトに関しては参考サイトで紹介されていますので、参考にしてください。
>>http://xn--l8jzhtd6a3u6bv039bcfyd.biz/